エステサロンは横浜、福島のスリム・グレースへ

スリム・グレースは15分で違いがわかるエステサロン

20分継続できる有酸素運動じゃないと効果は薄い

323 views
約 3 分
20分継続できる有酸素運動じゃないと効果は薄い

はじめに




体の中に蓄積された脂肪をエネルギーに変えて使い切る。

そのために、有酸素運動をするというダイエットがあります。

内容や、運動量も様々な有酸素運動があります。

でも、簡単に取り組める運動にしたほうが、誰もが長期的に継続できるという利点があります。

有酸素運動は、呼吸をしながら運動を続けます。

そうすることで、常時体内に酸素を送り込みながら脂肪を燃焼させます。

当然長時間の運動のほうが脂肪の燃焼効果も高いでしょう。


緩やかな長時間できる運動が好ましい




年齢や、性別を問わずに、気軽にできる有酸素運動といえば、ウォーキング、ジョギング、スクワットなどがあります。

始めはこういった軽い運動がおすすめです。

運動効率を上げるために、有酸素運動とダイエットとの関係性についてある程度知っておきましょう。

ダイエットの鍵は、体脂肪を燃やすことができたかどうかにつきます。

運動能力の向上を目指して行うトレーニングとは大きく違うと言うことを覚えておいてください。

ダイエットのための運動はもっとゆるやかを心がけます。

一定のリズムで息をしながら有酸素運動をします。

そうすることで、新鮮な酸素が体内を巡り、脂肪を燃やすための燃料として使用されるのです。

体内に蓄積されていた脂肪が燃え始めるまでは、運動をスタートさせてから20分ほどたってからなのです。

なので、長い時間できるような運動をすることが大切になってきます。

そして、長期にわたって継続できる運動のほうが効果が高くなります。

それが、結果的にダイエット成功につながります。

一方、金銭的な負担はありますが、一週間に一回のペースでジムに行くこともいいでしょう。

ジムのトレーナーにアドバイスをしてもらいながら運動をする人もいます。

第三者が入ることにより、プレッシャーがかかってダイエットに強制力がかかり、一生懸命ダイエットに取り組む可能性も高くなります。

ジムなどを利用せず、リーズナブルなダイエットをしたい場合は、ウォーキングなどの有酸素運動運動を取り入れるといいでしょう。


無酸素運動のストレッチではさむ




1時間の運動を行うとして


10分 無酸素運動(ストレッチ・筋トレ) → 40分 有酸素運動 → 10分 無酸素運動(ストレッチ)

という感じが効率的な脂肪燃焼になります。

同じ1時間使うなら、ぜひとも効率的に運動を行い、結果を出せるようにすると継続モチベーションも上がってくることでしょう。




おわりに




有酸素運動だけでは、逆に太りやすい体質になってしまうこともあるそうです。

筋肉が落ち、基礎代謝が低くなり、痩せにくくなりますので注意が必要です。

ダイエットって、体のことよく知らないと逆効果になるから怖いですよね。

でも、体のことを知るのってジブンの健康のためにもなります。

せっかくなら一石二鳥で健康知識もつけてしまいましょう。

ダイエットを無駄にしないようにぜひとも効率的に行ってください。

Comment On Facebook