エステサロンは横浜、福島のスリム・グレースへ

スリム・グレースは15分で違いがわかるエステサロン

妊娠中にダイエットする時にコレを必ず注意しておく

358 views
約 3 分
妊娠中にダイエットする時にコレを必ず注意しておく

はじめに




一昔前の妊婦さんはお腹の子どもの分まで食べろと言われたものです。

しかし、現代の妊婦さんは事情が大きく変わってきています。

妊娠から出産まで、どのように体重が増えていくことが望ましいかが、細かくチェックされているのです。

そのため、妊娠中でも体重の増加をチェックされ、ダイエットの必要性が生じたという人も多いのです。

定期健診で常に母子の状態をチェックしていますが、体重の増加が激しいと、ダイエットをするよう医師に言われたりすることもしばしばです。


極端なダイエットでみられるリスク




妊娠したばかりの時は通常つわりがひどくて、食べたくても食事がのどを通らない時期が続くことが予想されます。

それが終わって安定期になると食事に対する欲求が急激に高まってきます。

妊娠中の症状には個人差が見られますが、たくさん食べたくなるという方がやはり多いようです。

お腹の赤ちゃんのためには、あまり極端なダイエットは禁物です。

何事も極端にならないように注意しましょう。

ダイエットの方法は慎重に選択しなければいけません。

食事による栄養摂取が妊娠中に滞ると、生まれた子供が低体重児になってしまうこともありますので注意が必要です。

お腹の中で少ない栄養で育った赤ちゃんは、少しの栄養でも十分に生きていける遺伝子を持つようになります。

そうすると、栄養豊富な食事を取るとメタボリックシンドロームのリスクが高くなるという結果も待ち受けています。

なおかつ、胎児期に栄養失調状態にあった人は、大人になってから糖尿病や高血圧などの生活習慣病を発症しやすいというデータも発表されています。

過度な食事制限をすると赤ちゃんの栄養失調を招きますので十分気をつけてください。





ダイエット食品の使用は必ず注意書きをじっくりと!




プロテインや、脂肪代謝を促進するものは、妊娠中は絶対に使わないようにすることが求められています。

適切な量を摂取すれば大丈夫なようですが、使用しないほうが無難かもしれません。

使用する場合は摂取量に十分気をつけるようにしてください。

お腹の赤ちゃんの成長を阻害するなどの理由から、特定のサプリメントは、妊娠中は使わないようにというただし書きが入っていることもあります。

ダイエットのために酵素ドリンクを飲料する人もいますが、極端な食事制限をしていなければ利用することができます。

1日の摂取量や、飲み方などを把握した上で、正しい飲み方で酵素ドリンクを飲んでください。

酵素だけなら、胎児に悪合い影響が出るものではありませんが、やはり、注意書きをよく読むことを忘れないでください。


おわりに




妊娠はハッピーな出来事ですが、ジブンの体型の変化に戸惑いを隠せない方も多いようです。

そして、どうしても過度のダイエットを実践してしまう方もいるのが実情です。

しかし、何事も極端に行うと結果もよくないことになりますので十分注意する必要があります。

栄養バランスに気をつけて、充実したマタニティライフを送れるようにしましょう。





Comment On Facebook